探検昆虫学者とは?

探検昆虫学者とは?

    英語でExploratory Entomologistという。科学や昆虫学の世界でもほとんど耳にしない言葉で、 おそらくハワイ諸島での生物防除(生物を使って他の生物を自然に近いかたちで制御する)関連の世界で生まれた言葉であろう。

    以下の理由でこういった特殊な仕事の分野が必要となり、生物防除役になる未知なる昆虫などを求め探検、探査をすることが目的だ。

    人の好き勝手によりハワイへ持ち込まれた植物などが繁殖し、もともとあったハワイ特有の自然、 森などを侵害している。特に多様性が少ないハワイなどの小さな離島の生態系はバランスが崩れやすい。 そこで、人の手で制御しづらい侵入植物を昆虫などの小さな生き物に頼り制御していくというのが趣旨だ。 駆除の際、除草剤や化学物質などを散布すると周りの生態系、又私たち人間にも悪影響を及ぼす。また 人の手が行き届かない険しい場所や、人の目が生き届かない場所で成長している植物に効果的だ。 効果が持続するということにも関心が高い。

    重要なポイントはその外来侵入植物に特殊化している昆虫、いわばその外来侵入植物のみを食べる昆虫を探し出し、長年にわたり研究し、 制御役にふさわしいと判断されたものを導入していくということで、それは根気のいる仕事だ。

     もともとその植物が自生している地域に出向き、防除役となる未知なる昆虫を発見し、未知なる生態を解明するのが探検昆虫家の役割である。



*質問、ご意見などがありましたらお気軽に連絡をください。よろしくお願いしま~す。
Site design by Leonora Rodríguez Sevilla & Kenji Nishida